住吉堂鍼灸院 | Sumiyoshido Kampo Lounge | 愛知県半田市の漢方薬と鍼灸治療

今月のひとこと

『夏は南、色は紅色、入りて心に通じ、耳を開き、味は苦、類は火、心は血を、血は脾を生じ、志にありては喜となす。』
この「心の陽気」をうまく発散しないと、身体全体は暑く感じ始めます。そして、冷房や冷飲を欲するようになります。
このように外側からも内側からも身体を冷やしていると、エネルギーの入れ替えができず、
これを夏の間中続けると必ずといっていいほど、下痢をします。
現代の冷房病は夏の養生法を守れば防げることでしょう。
また、夏に陽気を発散していないと熱が胸にこもってしまいます。
すると、秋になって肺がよく働く時期になると、肺の熱により乾燥されて、痰の少ない乾いた咳が出る事が多いでしょう。
『心』に熱をためない事が夏の養生の秘訣です。