住吉堂鍼灸院 | Sumiyoshido Kampo Lounge | 愛知県半田市の漢方薬と鍼灸治療

2016.03.23

4月の定休日は
3日、10日、17日、24日です。
よろしくお願いいたします。

2016.03.20

本日は臨時営業中です。
21日、22日は臨時休業させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2016.03.15

来週20日の日曜日は臨時営業させていただきます。
21日、22日がお休みになりますので、ご注意ください。
ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

2016.03.08

本日は12:00~18:00の間は研修会に出席のため、お休みさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2016.03.03

本日は「桃の節句」です。
桃の節句といえば以前は3日とは限らず3月の上旬の「巳の日」に行い「上巳の節供」と呼ばれていました。
中国では≪桃≫は邪気を払う力があるとされ、ももの花を飾る習慣がありました。さらに、桃の果実は仙果と見られていました。
桃の果実はかなりの糖分を含むため病人に活力を与えたところから来ていると思います。
病は邪気がもたらすものとされていた古代中国では、桃に降魔の力があると見られても不思議ではなかったのです。ここから仙果という考えが芽生え、本体の桃の木の威力につながったとのことです。また「桃」の字の「兆」は割れる、開き始めると言う原義がありそこから≪兆し≫の意味になったものです。
したがって桃は、妊婦の兆しや安産を象徴する果実となり、女性のお祭りに使用されるようになったと考えられます。
桃の種は≪桃仁≫と呼ばれ、血をめぐらせ、排便を促進し、女性によく使用される生薬です。

『夏は南、色は紅色、入りて心に通じ、耳を開き、味は苦、類は火、心は血を、血は脾を生じ、志にありては喜となす。』
この「心の陽気」をうまく発散しないと、身体全体は暑く感じ始めます。そして、冷房や冷飲を欲するようになります。
このように外側からも内側からも身体を冷やしていると、エネルギーの入れ替えができず、
これを夏の間中続けると必ずといっていいほど、下痢をします。
現代の冷房病は夏の養生法を守れば防げることでしょう。
また、夏に陽気を発散していないと熱が胸にこもってしまいます。
すると、秋になって肺がよく働く時期になると、肺の熱により乾燥されて、痰の少ない乾いた咳が出る事が多いでしょう。
『心』に熱をためない事が夏の養生の秘訣です。