住吉堂鍼灸院 | Sumiyoshido Kampo Lounge | 愛知県半田市の漢方薬と鍼灸治療

2016.03.23

4月の定休日は
3日、10日、17日、24日です。
よろしくお願いいたします。

2016.03.20

本日は臨時営業中です。
21日、22日は臨時休業させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2016.03.15

来週20日の日曜日は臨時営業させていただきます。
21日、22日がお休みになりますので、ご注意ください。
ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

2016.03.08

本日は12:00~18:00の間は研修会に出席のため、お休みさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2016.03.03

本日は「桃の節句」です。
桃の節句といえば以前は3日とは限らず3月の上旬の「巳の日」に行い「上巳の節供」と呼ばれていました。
中国では≪桃≫は邪気を払う力があるとされ、ももの花を飾る習慣がありました。さらに、桃の果実は仙果と見られていました。
桃の果実はかなりの糖分を含むため病人に活力を与えたところから来ていると思います。
病は邪気がもたらすものとされていた古代中国では、桃に降魔の力があると見られても不思議ではなかったのです。ここから仙果という考えが芽生え、本体の桃の木の威力につながったとのことです。また「桃」の字の「兆」は割れる、開き始めると言う原義がありそこから≪兆し≫の意味になったものです。
したがって桃は、妊婦の兆しや安産を象徴する果実となり、女性のお祭りに使用されるようになったと考えられます。
桃の種は≪桃仁≫と呼ばれ、血をめぐらせ、排便を促進し、女性によく使用される生薬です。

4月1日に新元号が発表になりました。「令和」(れいわ)です。
出典は「万葉集」からとのことですが、じつは中国最古の医学書である
≪黄帝内経≫『霊枢』「終始 第九」には「令和」という文字がすでに記載されております。
東洋医学にも関係の深い文字が元号とされることに親しみを感じました。

『春は東、東は青色、東方は風を生ず。風は木を、木は酸を生ず。酸は肝を生じ、肝は酸を要す。肝は筋を生じ、目を主る。感情においては怒を表わす。』
 春になると、眠っていた細胞も目を覚まし、動きだします。放っておいても血が騒ぎだす為、血の貯蔵庫の肝臓はフル回転になります。この肝の働きを助けるのが酸(収斂させる作用)です。酸の代表的な食品は、「酢、レモン、苺、梅、ニラ、竹葉、黒胡麻、セロリ、茄子、海藻、クラゲ、シジミ」などです。この食材に重点をおいて他の物とまんべんなく食べることを心がけましょう。